スポンサーリンク

【玄米甘酒の作り方】 低糖質の飲む点滴飲み方や効能は?

玄米甘酒 レシピ 健康・美容

健康にも美容にも人気の甘酒。以前は、甘酒をスーパーで購入して飲んでいましたが毎日飲むとなると結構お金もかかり家計に響く…そこで、米麹を購入して甘酒を自分で作っています。

最初は、一般的な白米麹から甘酒を作っていましたが、食べるお米も白米より玄米の方が健康・美容にもいいのは周知の通り。
そこで、玄米で甘酒作れないかな~という発想から作ってみました。
品揃え日本一 糀の甘酒専門店『古町糀製造所』

スポンサーリンク

玄米甘酒の原料・玄米麹と白米麹の違い



白米麹の特徴
・玄米麹に比べて甘味が強い 
・玄米麹と比べるとクセが少なく飲みやすい 
・全国的に普及しているので手に入りやすい

玄米麹の特徴
・甘味以外にも旨味がる
・深みのある香り
・余り普及していないので手に入りにくい
・白米麹に比べて食物繊維・栄養価が高い

甘酒の作り方やカロリー(
100gあたり81cal)は白米麹・玄米麹共に同じです。

ドレクセルコア

玄米麹から作る玄米甘酒の作り方

 【材料
玄米麹250g
・白米または玄米(お米の種類はお好みで)1.5合

我が家では上記画像の玄米米麹を使用していますが、近くの店頭などに置いてない為ネットで購入しています。


①白米または玄米で1.5合のおかゆを作る


②炊きあがったおかゆを55度くらいまで冷ます(60度を超えると麹菌が死んでしまいます)


③約55度に冷ましたお粥に玄米麹を入れ混ぜる


④炊飯器の保温スイッチを入れ蓋を開けたままにし布巾をかけておき(密封すると菌が死んでしまします)8時間前後放置します。可能であれば途中1~2回かき混ぜてください


⑤お召し上がりの際はお湯で2倍に薄めた後、お好みで熱くするか冷やしてお飲みください


出来上がった甘酒は、冷ました後に冷蔵庫で保存すると日持ちがよくなります。

②炊きあがったおかゆを55度くらいまで冷ます(60度を超えると麹菌が死んでしまいます)

③約55度に冷ましたお粥に玄米麹を入れ混ぜる

④炊飯器の保温スイッチを入れ蓋を開けたままにし布巾をかけておき(密封すると菌が死んでしまします)8時間前後放置します。可能であれば途中1~2回かき混ぜてください。

⑤お召し上がりの際はお湯で2倍に薄めた後、お好みで熱くするか冷やしてお飲みください。出来上がった甘酒は冷蔵庫で保存すると日持ちが良くなります。

美腸・ダイエットにおすすめ!!玄米甘酒を使ったスムージーのレシピ

健康・美容の為に腸内環境を整えたく菌活を始めた我が家は毎朝飲んでいます。材料は目安なのでお好みで調節してください。

【材料】

・玄米甘酒 150ml(麹菌に含まれる抗酸化作用で老化防止・オリゴ糖などで腸内環境改善効果)

・無調整豆乳 150ml(大豆イソフラボン・ビタミンB・E・タンパク質)

・バナナ1本(ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で美肌効果・貧血や便秘予防)

・黒ゴマきな粉 大さじ1(ビタミンB1・レシチン・サポニン・カルシウムなど)

・酒粕 お好みで大さじ1(タンパク質・ビタミンB群・葉酸・亜鉛など美肌・血糖値など保つ効果)

・ヨーグルト 大さじ5(乳酸菌により腸内環境を整える・免疫力UP・アレルギー改善)

・菊芋パウダー 小さじ1(イヌリンによって血糖値コントロール・カリウムで高血圧予防) 

作り方は材料をミキサーにかけるだけ。

おすすめのミキサー

我が家は、ずっとマジックブレットというミキサーを使っています。世界で5300万台も売れているだけあって万能すぎてコスパ良すぎのミキサーです。

ちなみに古いものが壊れて2代目。テレビ通販で見かけて購入したのがきっかけなのですが、氷も砕ける威力で洗うのも溝が少ないので楽ちん。

形状もコップの様に持ち手も付いているのでそのままスムージー作っても飲めるのでズボラな私にはとてもありがたい存在です。子供達の離乳食もこれで作れば裏ごしなしでも食べさせられたので重宝しました。

コメント