スポンサーリンク

【過敏性腸症候群 IBS】原因はなに??主な症状や治療法を経験者がブログで解説

過敏性腸症候群 IBS 健康・美容

わたしも過敏性腸症候群(IBS)の患者の1人でした。

現在は完治していますが、それまでの道のりを公開していけば少しでも闘病している方・そのご家族たちにお役に立てるかもという気持ちと、まだ過敏性腸症候群をあまり知らない方たちへ認知が広まればいいなという気持ちで自身の経験を織り交ぜ記事にしました。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群とは、検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的(生体の器官を形づくっている構造的・形態的な性質に関わる)疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などの下腹部の不快な症状が起こり持続するものをいいます。インターネット上では「IBS」と検索されていることも多いようです。
命にかかわる病気ではありませんが、突然起こる腹痛や下痢、腹部の不快感などにより、生活の質(QOL:Quality of life)を低下させます。
過敏性腸症候群は、20~40歳代に多くみられます。先進国に多い病気であり、日本においては10~15%程度の方にみられるというデータもあります。男性と女性では、1:1.6でやや女性に多くみられ、男性は慢性的な下痢を繰り返す下痢型、女性は慢性的な便秘を呈する便秘型が多いとされます 。

出典メディカルノート

原因

いまだ原因ははっきりしていませんが、主に精神的なストレスと腸内細菌のバランスの崩れが関係していると言われています。近年、大腸は第二のの脳と言われるほどでストレスなどを感知しやすい臓器です。また、感染性胃腸炎をきっかけに発症することも起こりうるようで複数の要因が重なると発症すると考えられています。

主な症状

わたしの場合は下痢型でしたがほかにも便秘型・混合型・分類不能型と4つに分類されています。わたしは緊張するような場面で症状が突然強く出ました。

・下痢型  腹痛と下痢がいきなり起こることがが特徴です。過剰に大腸の蠕動運動が起こることで大腸内の便の水分吸収が十分にできず軟便・下痢の症状がでます

・便秘型  便秘が主な症状です。下痢型とは反対に腸が緊張し大腸の蠕動運動が少なくなり便秘になってしまいます。



・混合型  上記の下痢と便秘を交互に繰り返します。



・分類不能型  上記3つの中に当てはまらず分類ができない症状を持ちます。ガスが出やすいなどの症状の方も多いようです。

腸内環境改善はこちら

治し方・治療法

過敏性腸症候群(IBS)は、医療機関を受診し他に病気がないことが確認された上で診断がつきます。生活習慣の見直し、腸内環境を整えたり運動療法を最初に行い改善が見られない場合に薬物治療を行うことが一般的な治療です。

わたし自身は、夜型の生活になりつつあったので早寝早起きをし腸にやさしい物をなるべく食べることから始めました。そして、月に1度心療内科でのカウンセリングと投薬は漢方薬を使用しました。おおよそ2年近くで完治することができました。

ひとりひとりに合った治療法が必要だと思いますのでわたしの治療法は参考程度にしてください。

過敏性症候群(IBS)を治療中のあなたへ

今はとてもつらいと思います。お仕事をされている方は通勤や会議などストレスがかかることが多いと思いますし、学生の方は学校内でガスが出そうになったりトイレに行くのが恥ずかしいなどの場面に遭遇することがあるかもしれません。また、子育て中の方は子連れで外出したりゆっくりトイレに入ることが難しいなどもあると思います。ほかにも色んな環境の中で闘病している方がいらっしゃると思います。

でも、必ず治ります。家から一歩も一時期出れず今でいうひきこもり・不登校も経験したけど治りました。手術したら治りますというような病気でもないのでゴールが見えずつらいこともあるかもしれませんが、逆に余命があるような病気でもありません。

まず、信頼できるお医者さんを探してみてください。あまり治療の効果が出ず、話しにくいなという病院であれば病院を変えればいいだけです。お互い人間ですから病院やお医者さんとの相性もあるのも当然です。
そして、がんばりすぎず自分を決して責めないでください。そして、「気合で治せ」とか「こころが弱いからだ」とかいう人の話はまともに聞かないでください。

これらはわたしが闘病・克服する上で学んだことです。3歩進んで2歩下がるくらいでの感じになるかもしれませんが焦らずゆっくり信頼できるお医者さんの元で治療してくださいね。

過敏性腸症候群(IBS)患者を持つ家族や友人・学校職場関係の方へ

過敏性腸症候群は病気の1つです。決して気合や根性だけでは治りません。「もう少し頑張れ」や「精神的に弱いからだ」などそのような言葉を言われるのがわたしは1番傷つきました。特に下痢型やガスが多い症状を持つ場合は電車や授業中・会議などトイレに行きにくい環境がとてもつらいです。便秘型も腹痛を伴うこともあるので別のつらさがあると思います。

まず、どのような病気かを知ってください。いまはインターネットで簡単に調べられます。そして、本人を責めずに一緒に治そうと味方かつ理解者になってほしいです。つらい時などの話も親身に聞いてくださると安心できることもあります。

すぐ治りにくい一面もある病気ですが、現代では10人に1人と言われている病気ですのでいつ自分発症するかもわかりません。ぜひ、病気を知って理解して味方になってもらえたらと思います。わたしはそれが1番の薬になりました。

コメント