スポンサーリンク

【東京衛生病院】本当に痛くなかった!! 無痛分娩で出産レポ ー前駆陣痛で入院ー

東京衛生病院 妊娠・出産

東京都杉並区天沼にある無痛分娩で有名な東京衛生病院。わたしは、第2子を東京衛生病院で出産しました。第1子も無痛分娩だったけど、痛かったので覚悟をしていましたが、本当に完全なる無痛で出産することができました。

スポンサーリンク

【東京衛生病院】無痛分娩で出産までの流れ


東京衛生病院で無痛分娩はあらかじめ分娩の日にちを決めて出産する計画分娩が主流。臨月前頃の診察で赤ちゃんの状態など考慮して先生と出産予定日をカレンダーを見ながら決定します。
また計画分娩日の前日お昼すぎに入院し、分娩の前処置を始めるのが一般的な流れです。私の場合は一般的な流れにはなりませんでしたので、私のような場合もあるということをお伝えします。

出産に至るまで

私の場合、妊娠糖尿病に加え第1子のときと同様、切迫早産にもなってしまっていたので26週頃からお腹が張らないように自宅で絶対安静でした。(ちなみに子宮頸管が20㎜を切ったら入院という約束で自宅安静)そのこともあったので母子の状態も考え38週目に計画分娩になりました。

先生によって異なる点もあるかと思いますが、私の場合は目安として赤ちゃんが2500g以上で臨月に入っていれば産んでも大丈夫と言われました。個々の状態で多少基準が変わるかもしれないのでその辺りは主治医にご確認ください。

前駆陣痛で救急外来

計画分娩日の10日前、日中妊婦健診に行き帰宅したその日の夜23時ころお腹の張りが激しくお腹の張りの間隔時間を測ると不定期なところもあるけど、10分〜15分間隔。切迫早産もあったので念のため病院に電話してみました。すると、「経産婦さんなので心配であれば受診を勧めます」との回答。たまたま夫が家にいたので車で夜間受診へ。

主治医ではなく非常勤の男性の先生が対応してくれました。子宮口はまだ硬いし張りも治ってきてるからまた何かあれば連絡してとのことで帰宅。

なんだったんだろう…と苦笑いしながら帰宅になったけど、受診したことで心配や不安が消えたので来て良かったと思いました。

前駆陣痛からの突然の入院

                           
一昨日の前駆陣痛騒動に続きまた深夜22時ころお腹の張りが頻回に。短期間で同じようなことになってしまい一昨日のことがあったのでしばらく様子見することに。しかし、一昨日と違い12分間隔でずっとお腹が張っていました。ただ前駆陣痛の可能性を考えると、病院に連絡するのはとても心苦しかったですが、やはり赤ちゃんのことを思うと安心安全が1番なので電話することに。すると、「受診してください。」とのこと。入院セットを念のため車に積んで受診することに…。

病院に着くと主治医の産科部長のH先生。子宮口を確認しながら「まだ少し硬いけど経産婦さんですし37週で赤ちゃんも2600g超えてるからこのまま産んじゃいましょう‼︎」とばっさり‼︎ まさかのそのまま入院・出産準備にびっくりでしたが、もうすぐ赤ちゃんに会えると思うと不安より楽しみが大きくなりました。

明日には産まれると思うよとの予想で、深夜1時すぎに入院手続きと出産への前処置をすることに。

無痛分娩・出産の準備

                              
分娩予備室で検温・検尿・体温測定。前回の出産のときは+18キロというまさかの体重でしたが、今回はH先生が体重管理に関して厳しくしてくれたりかなり自己管理も頑張った甲斐もあり+7キロで激太りは免れました。

NSTを装着し点滴の準備をし硬膜外麻酔の処置。ベッド上で壁側向いて寝ころび腰を抱えるように丸くうずくまる状態で処置をします。第1子のときの硬膜外麻酔の処置は「ううっ…」と声が出てしまうほどの痛さでかなりドキドキでしたが、思ってたより痛くなく採血の痛さの2倍くらいの痛さで済みました。時間も準備込みで数分でした。
ちなみに今回の出産の1番の痛みは硬膜外麻酔の処置でした!!


そして、子宮口を開くためにラミナリアを挿入される…と思っていましたが、「経産婦さんだからよっぽど子宮口が開かないとかじゃないかぎりラミナリアやらなくていいよ」とH先生の言葉に
つい「やったー!!」と言ってしまいました。なぜなら、極度に痛みに弱いので第1子のときバルーン処置で失神しました(笑)
ただ東京衛生病院の場合、基本ラミナリアを挿入する前に麻酔をするそうでラミナリアで痛いということにはならないそうです。(調べたところラミナリアの麻酔のタイミングは主治医の判断によるみたいです)

その後、麻酔をすると下半身が動かなくなり歩行不可のため導尿の処置をしました。剃毛の処置は脱毛をしているせいかありませんでした。

そして、いよいよ出産に向けて硬膜外麻酔をかけて陣痛促進剤の点滴を開始へとの流れになります。
そのときの様子は【東京衛生病院】本当に痛くなかった!!無痛分娩で出産ー分娩から産後ーに書いています。

【東京衛生病院】本当に痛くなかった!! 無痛分娩で出産 ー分娩から産後ー
切迫早産・妊娠糖尿病といろいろありましたが東京衛生病院にて無痛分娩をし無事2678gの女の子を出産しました。 【東京衛

コメント